• 電話052-899-3888
  • 住所〒468-0049 名古屋市天白区福池1丁目314-1

目の病気について

白内障

人の目はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが人の目では水晶体という組織になります。正常な水晶体は透明で弾力があり、厚さを変えることでピントを合わせる働きをしています。この水晶体が濁ってくると光を通しにくくなり、かすんで見えるようになります。この状態を白内障といいます。
白内障は様々な原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるもので、誰でも年齢とともに少しずつ水晶体は濁ってきます。その他にも糖尿病、アトピー性皮膚炎、薬の副作用、外傷などによっても起こります。

症状

白内障が進行してくると、水晶体が光を通しにくくなるため全体的にかすんで見えるようになり、また明るいところでは水晶体の濁りで光が反射するためまぶしくなります。白内障によって視力が低下した場合は、眼鏡を作り直してもはっきり見えるようにはなりません。

白内障の症状のイメージ

治療方法

白内障の治療には点眼治療と手術がありますが、点眼治療は白内障の進行を遅らせるだけで、症状を改善させることはできません。白内障が進行してきて日常生活に不自由があるなら手術を行います。当院では日帰り白内障手術を行っています。

緑内障

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。日本人の40歳以上の20人に1人がかかるといわれ、日本における失明原因の第1位です。多くの場合、非常にゆっくりと視野障害が進行していき、本人が気付いた時には手遅れという場合がしばしばあります。
眼球は房水という液体によって一定の圧力に保たれており、この圧力を眼圧といいます。房水は眼球内で作られ、シュレム管という管を通って眼外に排出されますが、何らかの原因で房水がうまく排出されないと眼圧が高くなります。眼圧が高くなると視神経が圧迫されて傷つき、視野が狭くなっていきます。

症状

緑内障は初期には自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していくことが多くあります。そのため、健康診断や人間ドックなど、定期的に検査を受けることで早期に発見することが大切です。

緑内障の視野障害の進行イメージ

治療方法

緑内障の治療は病気の進行を食い止めるため、眼圧を低くコントロールする点眼治療を行います。一度障害された視野が元に戻ることはないため、できるだけ早期に発見し、治療を開始、継続することが大切です。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のことです。
花粉などが原因の、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。重症のものでは、子どもに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人にみられる巨大乳頭結膜炎などがあります。

症状

アレルギー性結膜炎では次のような症状が引き起こされます。

  • 目のかゆみ
  • 目の充血
  • 目の異物感
  • 目やにが出る(涙のようにサラサラした水状のもの)
  • 涙が出る
  • まぶたの裏にぶつぶつができる

当院ではアレルギーの原因を特定するためにアレルギー検査を行っています。

治療方法

眼科で行われるアレルギー性結膜炎の治療の基本は、薬物療法となります。薬物療法の目的は、日常生活に支障がないように、かゆみの症状を軽くすることが中心となります。
治療には、抗アレルギー点眼薬(抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエータ遊離抑制薬)が、主に使われます。重症の場合には、ステロイド点眼薬を使用する場合があります。
当院では内服薬や点鼻薬も取り揃えております。内服薬の中でも、眠くなりにくいフェキソフェナジンやロラタジンを採用しており、ロラタジンは口腔内で溶け、水なしでも服用できるOD錠を採用しておりますので、お忙しい方や錠剤が苦手なお子様には便利な製剤となっております。
アレルギー性結膜炎のなかでも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、『初期療法』という考え方が適用されます。症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から、または症状が少しでもあらわれたら、抗アレルギー点眼薬による治療を始める方法で、花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。毎年花粉症がひどい場合は、症状があらわれる前に眼科を受診することをおすすめします。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因で目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。 糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症といわれます。定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、実際には日本の中途失明原因の代表的な病気です。

症状

糖尿病網膜症の症状は、病気の進行とともに変化します。

  • 初期
    自覚症状はほどんどみられません。しかし、目の中の血管の状態をみると、小さな出血など、少しずつ異常があらわれています。
  • 中期
    視界がかすむなどの症状が感じられます。このとき目の中で、血管がつまるなどの障害が起きています。
  • 後期
    視力低下や飛蚊症が起こり、さらには失明に至ることもあります。目の中で大きな出血が起こる、あるいは網膜剥離や緑内障など、他の病気を併発している場合があります。

また黄斑浮腫はいずれの病期においても合併することがあります。

糖尿病網膜症の進行イメージ

治療方法

糖尿病網膜症は、完全に治すことのできない病気です。治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。

  • 初期
    糖尿病自体の治療と同様、血糖(血液中の糖分量)をコントロールすることが重要です。
  • 中期
    新生血管の発生を防ぐために、レーザーで眼底を焼く「レーザー光凝固術」が行われます。
  • 後期
    併発した網膜剥離の外科治療などが行われます。

糖尿病網膜症に伴う糖尿病黄斑浮腫にはVEGFという物質が関与しているため、抗VEGF硝子体注射を行います。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要な働きをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気です。加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型(しんしゅつがた)」の2種類があります。
「萎縮型」は、黄斑の組織が加齢とともに萎縮します。症状はゆっくりと進行し、急激に視力が低下することはありません。
「滲出型」では、網膜のすぐ下に新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑にダメージを与えます。新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすいという特徴があります。この血管から出た液体が黄斑の組織にダメージを与えて、視覚障害を引き起こします。

症状

モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。両方の目で見るとあまり気にならないことがあるので、 必ず片目ずつで確かめます。

加齢黄斑変性の症状イメージ

加齢黄斑変性の症状イメージ

加齢黄斑変性の病態イメージ

治療方法

「萎縮型」は治療は必要ありません。ただし、「滲出型」に移行して急激に視力が低下することがあるので、定期的な検診が必要です。
「滲出型」は、抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的です。その他にも、光に反応する薬剤を体内に注射し、それが新生血管に到達したときに弱いレーザーを照射して新生血管を破壊する「光線力学的療法」、新生血管をレーザーで焼く「光凝固法」などの新生血管を破壊することで黄斑へのダメージを食い止める外科的治療もあります。
また、どちらのタイプの黄斑変性も、ルテイン、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んだ抗酸化サプリメントの摂取が推奨されています。

  • 初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

モバイルサイト

http://www.hattaganka.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

ページトップへ
文字サイズ