• 電話052-899-3888
  • 住所〒468-0049 名古屋市天白区福池1丁目314-1

近視進行抑制治療

当院では、マイオピンという点眼薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。マイオピンは、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されています。

シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。
Ophthalmology 2012;119(2):347-54

日本でも7大学(旭川医科大学、大阪大学、川崎医科大学、京都府立医科大学、慶応大学、筑波大学、日本医科大学)にて臨床研究が始まりました。当院の目薬も国内臨床研究と同じ目薬を使用しています。

近視進行抑制治療マイオピンの写真

近視の進行抑制が大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。

眼軸長が伸びてしまうイメージ

マイオピンが選ばれる理由

マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている唯一の治療法です。アトロピン1%は1960年から、すでに近視治療用に使用され続けています。しかしながらアトロピン1%は下記のような不快な副作用を引き起こします。

  1. 瞳孔がひらき続けることによる、まぶしさと強い光による不快感や目の痛み
  2. 目の遠近調節機能(手元を見る作業)が低下し、近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くを見る必要がある作業が困難になる
  3. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎

マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

マイオピンの安全性

シンガポール国立眼科センター(SNEC)のアトロピン0.01%の効能・効果及び安全性の研究(点眼を2年間継続した後によるもの)では以下のように報告されています。

  1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
  2. 眼圧(IOP:Intraocular eye pressure)に影響を与えないとの報告でした。
  3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
  4. 点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
  5. 電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

マイオピンの特徴

  • 副作用がほぼ皆無の良好な近視抑制薬です。
  • 近視の進行を平均60%軽減させると言われています。
  • 日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。
  • 近見視力の低下に殆ど影響を与えず、更に累進屈折眼鏡も不要です。
  • 毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。
  • 目薬(1本5ml)は両眼用で1か月の使い切りです。
  • 点眼薬はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

治療について

6歳~12歳までで、軽度~中等度(-1D~-6D)までの学童の方が治療の対象になります。この治療は保険適用外の自費診療になります。お薬代は1本2,500円(税抜)、診察・検査代は2,500円~3,500円(税抜、検査内容により異なる)となります。お薬は両眼用で1か月間の使い切りとなっています。初回処方後は1か月後に診察・検査を行い、その後は3か月ごとの診察・検査を行います。

  • 初診の方で診察の事前申込をご希望される方はこちら

モバイルサイト

http://www.hattaganka.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

ページトップへ
文字サイズ